不在時の食材宅配業者の対応は?留守にする時の受け取り方法

食材宅配の会員になる前に、気になるのが、留守の場合の受け取り方法ですよね。

食材宅配の配達は、2つの方法があります。

1つは、その業者の専用車(自社便)で配達する方法、

もう1つは、ヤマト運輸などの運送業者が配達する方法です。

後者の運送業者による配達は、不在票が郵便受けに入るので、不在票記載の連絡先に連絡すれば、都合の良い時間帯に届けてくれます。(運送業者とのやり取りになります。)

通販をよく利用する方なら、不在時の荷物の受け取り方法については、馴染みがあると思います。

問題になるのは、専用車(自社便)配送の場合です。

専用車での配送は、ルート配送なので、配達の曜日や時間帯が、あらかじめ決められています。

毎回その日時に在宅するというのは、無理な話。

今回は、専用車配送の場合を含めた、不在時の食材宅配の受け取り方法について解説していきます。

不在時の各食材宅配業者の対応

専用車での配送の場合、食材は、その温帯別に、常温、冷蔵、冷凍などに分けて届けられます。

在宅の場合は、温帯別に食材をビニール袋に入れて、玄関先で手渡ししてくれるケースが多いです。

不在時の受け取り方法はどうでしょうか。

ここからは、知名度がある食材宅配業者を例に、書いていきます。

生協の食材宅配不在時の対応【パルシステムの場合】

生協は、ルート配送(専用車での配送)が基本です。

ここでは、パルシステムの不在時配達方法について、解説していきます。

パルシステムは、主に関東を中心にルート配送している生協。

(生協の「おうちコープ」も、ほぼ同じような感じで留め置きです。)

パルシステムの場合、配達曜日と時間帯が決まっています。

不在時は、玄関の前、もしくは組合員(利用者)が指定した場所に届けられます。

食材は、冷凍品、冷蔵品、野菜・果物、常温品に分けて届き、それぞれ、発泡スチロールに、常温品は、折り畳み式コンテナ(プラスチックの箱)に、入って届きます。

冷凍品は、品質が落ちないように、ドライアイスと一緒に、冷蔵品は、冬場(12~3月)を除いて、保冷剤と一緒に届くので、長時間不在でも大丈夫。

夏場の品質が気になる方は、ドライアイスの増量をお願いすることも可能。(無料で増量追加可能。)

パルシステムの場合、発泡スチロールのフタを封印シールで留め、開封されたかどうか分かる取り組みをしています。

また、希望すれば、保冷箱を覆うセーフティカバーを付けてくれるので、気になる方は、配達センターに相談できます。
生協の宅配パルシステムの公式サイトはこちら。

留め置きとは?
玄関前(指定の場所)に、荷物を配達すること。

食材宅配業者の専用車配送不在時の対応【大地を守る会の場合】

今回は、例として、大地を守る会について書いていきます。

大地を守る会は、専用車配送と運送業者による配送があります。

運送業者による配送は、不在票に連絡して再配達依頼をし、直接受け取りになります。

専用車配送の場合は、玄関など指定の場所に留め置き。

冷凍品、冷蔵品、野菜・果物、常温品に分けて届きます。

こちらも、冷凍品、冷蔵品は、保冷剤と一緒に発泡スチロール箱で、野菜・果物、常温品は、折り畳み式のコンテナ(プラスチックの箱)で届きます。

夏場は、野菜・果物についても、発泡スチロール箱に入っていることがあります。

ちゃんと温度管理されているので、長時間不在でも安心です。

大地を守る会は、これらの箱に詰めたものを、さらに、遮光カバーで覆い、ベルトをかけて、玄関前(指定場所)に置かれます。

ベルトのロック部分には、開封したかどうかが分かるように、シールが張られています。

大地を守る会の公式サイトはこちら

運送業者による配送【オイシックスの場合】

生協は、専用車によるルート配送が基本です。

一般企業の場合は、配送エリアに該当すれば、専用車による配送、そうでない場合は、ヤマト運輸などの運送業者が配送します。

大地を守る会や、らでぃっしゅぼーやも、専用車以外に、運送業者による配送も希望することができます。(送料に違いが出てきます。専用車の方がお得。)

オイシックスは、運送業者による配送が基本の食材宅配です。

ここからは、オイシックスについて書いていきます。

オイシックスは、冷凍品、冷蔵品に分けてダンボールで届きます。

常温のものは、冷蔵品と一緒にクール便で届きます。(冷凍品は、冷凍便で。)

ちなみに、冷凍品を頼んだ場合は、冷凍手数料が掛かるのが一般的、オイシックスも、冷凍手数料がかかります。

配達日時に不在の場合、不在票がポストに投函されます。

不在票の連絡先に、連絡して、在宅時間帯に配達してもらえるよう依頼します。

オイシックスの冷凍品は、定期的にモニタリングを行って、解凍防止に取り組んでいるので、夏場でも安心です。

不在票の再配達依頼で知っておきたいこと

当日に再配達してもらいたい場合は、運輸会社によって、受付締め切り時間が決まっているので、早めに連絡する必要があります。

帰りが遅い場合は、締め切りまでに連絡できないということもあります。

オイシックスの場合は、商品の発送メールが届きます。

そこに、伝票番号が記載されているので、運送業者の配達状況問い合わせサイトから、配達状況を確認することも可能。

また、届く前に、運送業者に連絡し、届ける時間帯を変更する手もあります。

オイシックスは、土日の配達も可能なので、1人暮らし、共働きなどで、帰りが遅い方は、受け取れる日に届くようにしておくというのもありです。

不在で当日受け取れなくても、保冷保管されているので、品質は安心です。

ただ、3日以上不在の場合、品質上の観点から、オイシックスに返送されてしまします。

また、オイシックスは、品質上の観点から、玄関先や宅配ボックスへの留め置きはしていません。

オイシックスの公式サイトはこちら

留め置きや配達時の梱包材の取扱い

留め置きに使われてい発泡スチロールや折り畳み式プラスチックコンテナは、次回配達まで、自宅で保管することになります。

次の配達時、在宅の場合も不在の場合も、玄関前に出しておきます。

次回も不在にする場合で、梱包材を出し忘れると、自宅に溜まってしまい、邪魔になるので要注意!

出し方については、各食材宅配業者のパンフレット(入会時にもらえる)等に説明があります。

運送業者による配送の場合、ダンボールで届くのが一般的ですが、ダンボールについては、自分で廃棄が基本です。

不在時の食材宅配受け取り方法まとめ

  • 受取方法は異なるが、基本的に不在時でも受け取れるように対応している。
  • 専用車の場合は、玄関前(指定場所)に留め置き。
  • 運送業者による配送の場合は、再配達依頼で受け取り。
  • 専用車の配送、運送業者による配送、共に、温度管理されているので品質は安心。
  • 留め置きの梱包材については、自宅保管し、次回配達前に玄関前に出しておけばOK。
  • 運送業者による配送のダンボールについては、自分で廃棄が基本。

専用車による配送は、不在でも、帰宅して商品が届いているのがメリット。

ただし、不在時に届いて、玄関前(指定場所)に置かれるのが嫌な方は、運送業者による配送ができる食材宅配(オイシックス、大地を守る会、らでぃっしゅぼーやなど)がオススメ。

運送業者による配送は、直接受け取れるというのがメリット。

但し、配達時に不在にする場合は、当日受け取り出来ないこともあり得ます。

どちらが良いかは、その方のライフスタイルにもよりますが、不在時留め置きは、留守にしても届くので、とても便利です。